Image

"さいとうメソッドとは?"

どーも、久しぶりに軽い筋トレをやっただけなのに身体がバキバキになっている齋藤です。

こーゆう自分を追い込んだりするトレーニングって僕は苦手なんです 。トレーナー付けて久しぶりにメニューもちゃんと作ってもらってトレーニングしていますが、なんだか高校生に戻った気分です 笑

さて、一昨日とある方と飲んでいまして、「是非普遍的な齋藤さんのメソッドを作ってください」と言っていただきまして、そうか、名前まで付けてなかったなーと考えてました。

僕自身はもちろんオンラインスクールをやっているわけですから、しっかりスキーの技術をまとめたメソッドがあるわけです。しかも、割と独自なんじゃないかなと...

他の方のレッスン見てないので分からないですけど 笑
でも教程の内容でそのままレッスンする方もいれば、有名なデモでも聞いてみたら言ってること分かるんだけど難しい表現使うなーとか、なんか凄く難しい事やってるなーと言う感じの方もいて、基本って基本だからもう少しシンプルで分かりやすくまとめられていて、簡単なものでいいんじゃないかなと思っています。

 

そーいう考えがあるので僕はもっとシンプルでいい、もっと簡単に上達できるはずだと常に考えていて、色々と改良改善を重ねて、自分なりにメソッドを作り上げてきました。

 

僕、めんどくさがりで難しいこと嫌いなので 、そんな方は多分僕のメソッド気に入っていただけるんじゃないかなと思います。
簡単ですよ、実にシンプル。初心者から上級者までやること一緒。
一つ一つレベルアップしていく感じではなく、何段階かやることあるんですが、それを最初に全て一通りやって頭と体で理解して、そしたらそのそれぞれの段階をあなたなりにレベルアップしていけば、滑りがどんどん強くなっていく感じです。
その日の気分や雪面状況とかに合わせて、今日はこの段階の練習をして滑りを強くしていこうという感じです。だから、あなたの頭の中でも滑りが体系的に理解できている状態ですし、その体系化されたメソッド の中のどこを強化しているのかを自分で理解しながら 練習が出来るという感じです。
これどうですか?今までこんな感じでスキーの練習出来ていました?

もしかして、言われたことをやって、

「◯◯さん良くなりましたねー!」で、

褒められて終わり...

そんなレッスンしてきてませんか?

ちゃんと上達していくためには、やはりしっかりと自分が何をやっているのかを自分自身で理解することが大事ですし、その時その時で終わってしまうレッスンって長い目で見ると身になっていない可能性もあるんじゃないかなと思いますので、長い目でみてちゃんと自分がレベルアップしていける環境を整えるって大事なんじゃないかなと思います。

 

ということで、さいとうメソッド、基本的な考えは変わりませんがこれを利用する皆さんにとって、シンプルで分かりやすくて本当に効果があるものであるように、これからもバージョンアップをしていきたいと思います。

 

さて、この筋肉痛でバキバキの身体をほぐしつつ、体幹鍛えてきます^ ^

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事